読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤炎、浜名湖の中心で、ランニング愛をさけぶ

人生初のフルマラソンを1か月後に控えたある日 練習の一環として30キロ走るトレーニングを浜名湖で実施 15キロ地点で想う「俺は一生走り続けるぞ!!」というブログ

初フルで気付いた課題 その1

かなり時間差あるんですけど、初フルを走った上で出てきた課題が2つあります

その内の1つを今日は書こうかなと...

 

まずその1つ

フォームが悪かったんじゃないか?という点

前の記事でも書いた通り、30k以降で脚攣るなってのは予想してました

しかも、右脹脛が....

理由は、2月の犬山ハーフの後半や直前の30k走で攣りそうになったからです

 

それまでは、地面の蹴り過ぎが原因じゃないか?って思ってました

というのも、去年の秋頃に「東山1万歩」というトレイルコースにどハマりしまして...

毎週のようにそのコースを走ってました

で、色々と調べてみると、あんまりトレイルばっかり走ると地面を蹴るクセがついて良くないと....

 

だから、地面を蹴り過ぎるクセがついて、脹脛が攣ってるんだなと...

当初はそう思ってました

でもそれだと、右脹脛だけ攣るのはおかしい

蹴り過ぎが原因だったら左脹脛だって攣って良い

ま、攣って良いってことはないけど...(-_-;)

なんで、原因は地面を蹴り過ぎる以外にあるんじゃないか?となりまして....

 

で、前のレース中ちょっとだけ左足に重心かけつつ走ってみたら、結構走れたんですね...

そう、結局右脹脛が攣るのは、地面を蹴り過ぎる事が原因ではなく、右の脚に重心が掛かり過ぎてた事が原因だったんですね

あくまで、推測ですけど・・・

 

で、今後は左右の脚の重心を均等にするように意識していこうってのが1つ目の課題

2つ目の課題は次回

 

【練習】

28日 朝ラン 45m @5:24

29日 休足

 

 


にほんブログ村